コーヒー豆

コーヒ豆の品種を解説!|コーヒーの三大原種など

コーヒー豆には種類が様々あり、コーヒーの三大原種と言われる物があります。

  • アラビカ種
  • ロブスタ種(カネフォラ種)
  • リベリカ種

上記3点が主にコーヒーの原料ですが、全体の7割が「アラビカ種」3割「ロブスタ種」と、「リベリカ種」のほとんどは栽培が難しい為フィリピンやマレーシアの一部でしか栽培されていません。

このページでは、コーヒー豆の栽培品種などを解説していきます。

コーヒー豆の奥深さを識りたいと思う方は是非とも読んで行って欲しいです。

このページで学べる事

  • 三大原種について
  • アラビカ種などの突然変異種
  • 人工・自然交配種

ロブスタ種(カネフォラ種)

カネフォラ種と言うのが正式なのですが、カネフォラ種にはロブスタがほとんどで、一般的にロブスタと言うのが当たり前となっております。

栽培は簡単で害虫にも強く環境変化にも強いのですくすく育ちます。アジアの標高500m以下の低地で栽培されています。

ロブスタ種は酸味などは一切なく苦味とコクのみの味わいとなっており、主にインスタントコーヒや缶コーヒー安価なブレンドコーヒーの量増しとして使われております。

ですので、ストレートなどで使用されません。

リベリカ種

リベリカ種が栽培されない理由は豆の大きさにバラつきがあり焙煎がしにくく、品種の固定などが難しい為だと思われます。

リベリカ種は苦味とコクがかなり強く、好き嫌いはハッキリと別れる豆ですね。

主にフィリピンの「Baraco」マレーシアの「エレファントコーヒー」などで使用されています。

アラビカ種

私たちが喫茶店などで飲むコーヒーは、このアラビカ種が使われています。

酸味があり、香りも良く美味しいコーヒーなのですが、害虫や高温多湿に弱く栽培が難しい事もあり標高500〜2300mの高地で栽培されています。

栽培が難しいだけでなく収穫量も少ないですが、採れる豆は品質が高いので主に栽培される豆はアラビカ種となります。

アラビカ種の品種は沢山ある!

アラビカ種の代表的な栽培品種は「ブルボン」「ティピカ」の2種なのですが、各地の環境で突然変異され品種が増えています。

ティピカ

ティピカはコーヒーが発見された時の原種に最も近い物とされています。

エチオピアに自生していた原種が6世紀から9世紀の間にイエメンまで広がったとされ1699年にオランダの東インド会社がジャワ島へ移植し繁殖させました。

1714年にオランダからフランスに一本の苗を送り、当時のフランス将校が自国領のマルティニーク島へ持って行ったのがティピカの起源です。

ティピカの突然変異種

マラゴジッペ

ティピカがブラジルで突然変異。

 

ブルボン

ティピカの原種だった物がイエメンからフランス人の手に渡り当時フランス領だったブルボン島(現:レユニオン島)に持ち出され突然変異し、ティピカとは別の物に変わったのがブルボンです。現在ではコーヒーの2大栽培品種の一角を担うコーヒー豆です。

ブルボンの突然変異種

ビジャ・サルチ

ブルボンがコスタリカ西部で突然変異。

パカス

ブルボンがエルサルバドルで突然変異。

 

カトゥーラ

1935年ブラジルでブルボンが突然変異したものが発見され、ブラジル〜ハワイなどで栽培されるようになりました。

カトゥーラの突然変異種

カトゥアイ

カトゥーラが突然変異。

 

ここまでのまとめ。

ロブスタ種とリベリカ種と違い、アラビカ種には様々な品種が生まれています。それらはティピカやブルボンを筆頭とされています。

交配による品種

コーヒー豆にも品種の交配と言う物があり、それらは自然交配や人工交配されたものが様々あります。

ムンドノーボ

ブルボンとスマトラの自然交配種

パカマラ

パカスとマラゴジッペの人工交配種

ティモール

ロブスタ種が突然変異し、アラビカ種との自然交配種

カチモール・コロンビア

ティモールとカトゥーラの人工交配種

最後に。

ロブスタ種とアラビカ種は本来、染色体数が異なる為交配することができないのですが、突然変異で染色体数が変わり交配が可能となったそうです。

ここまで如何でしたでしょうか?コーヒー豆って実は奥深いですよね。

このページを基とし、各国で生産されているコーヒー豆などを紹介していきますので、そちらの方もよろしくお願いします。