初心者講座

【初心者】美味しいコーヒーを本格的に淹れる方法|カリタ式ドリップ

今回は初心者でも美味しく淹れれる2杯分のカリタ式ドリップ方法を説明します。

美味しいコーヒーを淹れる工程

  • 準備
  • ドリップ(カリタ式)
  • 完成

まずは何を準備して置くのか?を説明し、その後にドリップの方法など説明します。

~今回使用する器具~

  • ドリッパー(カリタ)
  • フィルター(カリタ)
  • サーバー
  • コーヒーポッド
  • デジタルスケール
  • 温度計
  • 受け皿(ドリッパーを取り外す際に必要)

まずは準備を!

ドリップする前に準備しておくもの

  • お湯400ml(使用するのは300ml)
  • 豆25g
  • ドリッパーとサーバー

お湯は90℃の物を用意しておく。

最初に用意して置くと、淹れる際に85℃くらいに温度が下がっていると思います。ドリップする際の最適温度は80~90℃ですが個人的に85℃が良い感じとしてます。

豆の量

今回は2杯分のドリップですので25g設定です。使用する豆で量が変わるのですが、基本的に1杯分12.5g(150ml)と目安で覚えておいた方が良いですね。

ドリッパーとサーバーの準備。

ドリッパーにフィルターをセットし、サーバーの上に乗せ豆をフィルターの中へ入れます。

※フィルターは上の写真の通りに折り曲げましょう。

カリタ式ドリップの方法

ドリップ

①まずは蒸らす為に中心から外側へと円を描くように注ぐ。

すると、粉が膨張するのでおおよそ30秒間は蒸らして置く。※膨張しなくてもOK!!

大量にお湯を注がない事!この段階は蒸らす事が目的。

膨張しないのは焙煎から日が立ってガスが発生しない為!

②再びお湯を注ぐ。

2回目からは「の」の字を描く様にゆっくりと注いでいく。

フィルターやフィルターに付いた豆に注ぐのはNG!

③抽出量の確認。

今回の抽出量は300mlなのでメモリをみて測ってください。それに合わせてゆっくりと、お湯を注いでいきます。

④抽出できたらドリッパーを受け皿に移す。

目的の量に達したら、すぐに受け皿へ!

欲張って抽出しすぎると、味が薄くなります。

⑤完成!

出来上がったばかりのコーヒーを是非お愉しみください。

コーヒー豆は何を選べば良いのか?

参考にオススメ豆を載せておりますので是非ご覧ください。

【オススメ】通販で買えるスペシャルティコーヒー豆5選|美味さや香りで愉しむコーヒー豆って色々な種類が在って「どれが美味しいのか悩む…」と思った方は多いはず。豆を選ぶポイントとしては3点重要な事が在ります。 ...

最後に

如何でしょうか?上手くできた人も居れば、失敗した人も居ると思います。

ですが、「失敗した味」や「失敗した事」を覚えれたのは非常に良い経験でもあると思います。

何事も練習ですので諦めずまたチャレンジしましょう!

私も写真の撮り方も練習します…。

次回はハリオ式ドリップを書いてみます。